読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転遷

何故だろう。死ぬ事ばかり考えているうちに夜が開けてしまった。充分な睡眠をとってないせいか体も疲れていて、体重が急激に減り続けている。微妙な眠気で寝ようと思えばいつでも寝れそうな状態。だが今は家族も寝ており自殺に最も適した状況だ。なのに体が動かない…だるい。あの思いを思い出せば確実に死ねる。最悪だ、今 死のうと思えば後悔という言葉が頭に浮かぶ、何故だ。あんなに死にたがってた癖に結局死なないのか。そんな自問自答の繰り返しでどんどん自分を追い詰めて苦しみが続く。今の気持ちを率直に言うと、死にたくない。失うのが恐い。二度と話せなくなる、会えなくなる。そう考えると自殺に迷いを感じてしまう。己の苦しさから解放されたくて死のうとしてるはずなのになぜ他人の事を考えているのか…自分でも分からない。でも死んでしまえば全てを失い、全てから解放される。早くしないと家族が起きる、どうしよう、どうすれば。なぜ死のうとしないとだろう、死への恐怖のせいか、生きたいと思っているからか。邪魔だ、邪魔するな、なぜ邪魔をする。なぜこんなにも苦しめる、誰が、何のために…。 自分は本当にイカれた奴だ、全部眠いせいにしておこう。? 多分この後自分は死ぬ事は無いだろう、死ねない。疲れのせいで思考がまとまらない。最悪だ。自殺未遂で終われば皆からの信頼を失い、何もかも失う。怖いんだ、失うのが、捨てられるのが恐いんだ。大切なものはある、向こうの考えはどうあれ、自分からすれば大切なもの。失いたくないもの、捨てられたくないもの。こんな奴じゃぁ捨てられてもしょうがないと思うけどね… 周りに迷惑ばかりかけて、何がしたいのか自分でさえ分からない。それと自分の怖いものが物ではなく、モノだったとはね。自分でも分からなかった、孤独と失う事が怖かった。今からすることは成功しても失敗しても実に迷惑極まりない事だ、全てを失いそうでものすごく怖いがやるしかない、本当にごめんなさい。今から風呂を溜めて、薬を飲んで。内側から鍵を閉めて静かに眠りたいと思います…。 おはよう は言えるかな?