逸脱

今夜どんな手でも自殺しようと思っていた。その中で屠腹を考えてた。だが一度失敗した方法で成功するのかなどの恐怖があった。苦しみや痛みは承知の上だと思ってたが時間が経つにつれてどんどん恐怖へと変わってゆく。調べて 体験者の言葉を見ると刺した瞬間は痛みではなく熱い感覚がするという。それから大体の文の最後には「やるな」と書かれていた。刺した瞬間痛みが無くても、刺した後は痛みがあり もがき苦しむ事が分かった。知っていい事はない 余計恐怖が重なり、出来なくなるばかり。それから次の方法で薬を考えた。薬なら痛みは無いし苦しむことは無い。だがもし失敗したら最悪な事になる。屠腹は体に害(傷)が残る、だが薬は体だけではなく 脳などにも害(傷)が残り、自殺するより前より苦しい環境になる。薬はバレる危険も高く難しい。あくまで薬は従属として使う、薬だけで死ぬのは今の時代では難しく、薬を従属として使って死ぬのが一番いいと思った。飛び降りなどその場に行くまでに意識が飛んだりすると大変なことになるし、風呂場で溺死するのがいいと思った。薬で意識が飛んでいて痛みもなく苦しむこともない、大人であれば一人暮らしなどバレない環境で出来るが子供となると親などがいてバレる危険が高い。それでもし失敗すれば胃洗浄をしたり、最悪後遺症などが残り、後悔しか残らなくなる。だが、時間が経つにつれて考えは少しずつではあるが変わっていった、、これは自分では望まぬ事だった。死ぬ恐怖、全てを失う恐怖、が出てきて、その片隅に生きたいと思い始めた。多分大切なものが無ければとっくに死んでいただろう。だがそれを失う恐怖から死ぬ恐怖になり、死ぬことが難しくなって言った。でも今更戻ってもこのブログを読んだ人に合わせられる顔がない、捨てられるのが恐いんだ。見てる人は少ないだろうけどそれでも恐い。肉体的に死んでいなくてもいま生死をさ迷っている、、助けを求めている…どうすればいいのか、だがそこで出るのは生きる道しかないと思う。それでも今考えれば悪い案だとは思わない、気変わりし始めてる…。死んだら後悔すると自分でも思っている、周りが悲しむことはないだろうし、周りのことなどを気にしていたら絶対に死ぬ事は出来ない。だが自分から見ての後悔、一番強いのが失うというもの。その人たちから見たらあんな奴 って思われてるかもしれないが自分からすれば大切なものだった。それを失うのが一番怖い。捨てられるのも恐い。とにかく今夜は親などの状況を見て薬を使い溺死を試したいと思う。それでもし失敗したら多分生きるなど二度と考えなくなるだろう、死ぬというのも考える前に実行すると思う。救いようのない屑、もう一度笑いたい。過去に戻りたい、後悔しかない。こんなにもメッセージを残して生きていたら「結局生きてんのかよ」と思われそうで本当に怖い。何もかも失う覚悟でやったはずなのにそれは恐怖でしか無かった。失いたくない。死にたくない、